【試飲】DHCがオリジナルクラフトビール販売!どういうことなのか聞いて(飲んで)みた。

The following two tabs change content below.

さいまり

COO’Chief Otsumami Officer’TokyoBeerClub
さいまりです。ビールが好きすぎるモデルです。記憶のかけらをいろいろな場所に置いてきているので、そろそろ地図を作ろうと思います。



♡DHCがクラフトビールを出すらしい

--ある日東京ビールクラブ編集部に届いたプレスリリース。

「DHC、オリジナルクラフトビール発売決定。試飲会のご案内」(確かこんな)

……え!?

DHCが、ビール??

 

失礼ながら、そもそも存じ上げませんでした。DHCさんがビールを販売、それも代理店販売じゃなくてしっかり製造しているなんて!

え?何?コラーゲンビールとか、ダイエットビールとかそういう感じかな?ラベルにラメ入ってるのかな?インスタジェニックかな??ディ●ニーコラボかな??

これは女子として!女子として確認・レポートせねば!

はいはい!編集長!私が行く!!!

……と意気込んで試飲会に参加してきました。
この時の私は知る由もありませんでした。その期待が、真っ向から裏切られることを……!

 

♡いざ試飲会へ

--9月某日都内某所。

(実は発表会、試飲会初参加のさいまり。ドキドキです)

image

バーーンと貼られたポスター!

ズラッと並ぶボトルたち!

284a3786

なるほど、ディ●ニーコラボではないようです。

……というか、あれ?なんか(ラベル)すごくかっこよくありません?

確かにきれいなデザインなんだけど、私が勝手に思い描いていた女子向けビールとは明らかに違う様子。

原料の酵母は、本場ドイツにあるビール酵母バンクから輸入した物を使用し、醸造するビールのスタイルにあった麦とホップを世界各国から厳選しています。

 

経験豊かな女性醸造技師を中心に、ドイツの伝統製法にこだわって丹精込めて丁寧に醸造しています。

……思ってたより(失礼)本気のビールだった。

試飲会に入り、その思いは確信にかわります。

%e7%b9%a7%ef%bd%b9%e7%b9%a7%ef%bd%af%e7%b9%9d%ef%bd%aa%e7%b9%9d%ef%bd%bc%e7%b9%9d%ef%bd%b3%e7%b9%a7%ef%bd%b7%e7%b9%9d%ef%bd%a7%e7%b9%9d%e3%83%bb%e3%83%a8-2016-09-08-10-35-18

▲ペアリングを説明してくれる、なかなか飲ませてくれない藤原氏

そう、今回はビールだけでなく、ペアリングも紹介していただきました。
これはうれしい!

284a3754

▲すこしずつ注がれた試飲用ビール

▼それぞれのスタイルに合わせたオシャレつまみ

284a3766

藤原氏「もっと注いでくれと思っているでしょう?」

(!!なぜばれたし)

藤原氏「ワインと同じで、こうして上に空間を空けたほうが香りがたのしめるんですよ」

(……!なるほど!……ビアフェスの時も同じような納得した気が……早く飲ませて!)

image



…………

♡ビール好きも女性も、きっと好きになる味

今回発売されるのは、5種類のビール。
以下、完全に私個人の趣味趣向に傾倒したレビューをどうぞ。ちゃんとした解説は他メディアさんがやってくれているでしょう。

 

◆富士燦燦シリーズ

image
・ラガー
とってもスッキリしてる。普通に一杯目だったからの可能性は大いにあるけど、キレがよくて、うんうんこれこれー!って感じ。ごくごく飲みたいのどごし系。苦くない、おいしい(小並感)。

 

284a3758

・ホワイト
キタキター!私の1番好きなスタイル!この濁りがたまりませんね。オレンジピールとコリアンダーでめちゃくちゃフルーティ。鼻に抜ける香りがおしゃれ。コスメ使ってる時みたいな幸福感ある

 

image

・ブラック
こーれーはーうまい。苦くない。色よりスッキリしています。濃くない。香ばしくて飲みやすいので、ちゃんと喉が渇かないビールです。(わかる?)ペアリングのお肉めっちゃ合う。

 

284a3756

・エール
1番ビックリしたのがこれ。え、攻めましたねという苦味。まさにグラスに入れて香りをたのしみたい柑橘系。ビール好きにはこの苦み香りがたまりません。「DHCビール」とだけ聞いてこのビールを飲んだら、目パチパチしちゃうと思う(した)。

 

◆四季折々 富士燦燦シリーズ

284a3788
・富士燦燦 秋
カラメルモルトを使っているらしい。コクがすごい。四季折々シリーズはその名の通り季節限定販売らしい。「秋」は、なるほど確かにっていう、紅葉とか高い空とかそんなのをイメージさせる深みある味わい(語彙力表現力が追いつかない)

 

なんで富士なの?って思ったら工場がちゃんと御殿場にあって、富士の水を使ってるんだとか。
クラフトビールのビンにしては大きいなぁとおもったら、しっかり中瓶サイズ。
ラベルデザインといい、随所に和の趣きだだよいます。

284a3782

▲ラベルロゴの「富士燦燦」は社長によるものなんだとか。達筆。

 

ビールは保存料やケミカルな物質を含んでいない、自然素材だけで作られためずらしい飲み物なんだとか。確かに、言われてみれば。原材料の欄めちゃスッキリしてますよね、ビールって。

 

5種類いただいて帰ってきたので、次は久々におつまみ記事でもあげようかな。

わー、エール楽しみだなエール。本当に美味しかったー。価格もかなりお手ごろ(まだしっかり決まってはないらしい)だったから気になる。

それでは〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA