ビール好きによるビールが好きな人のための情報サイト

外飲みのススメ:缶ホルダーで極上のパークライフを

東京では桜の開花宣言もあり、ようやく春がやってくるかな?という気候になってきました。冬はビールにとってもオフシーズンとなりがちですが、春はお酒の合う季節。なんたって春といえばお花見。お花見といえばビールです。
 
つまり、春になってようやく外でお酒が飲めるのです。
 
外で飲む場合、テラス席のあるお店は限られるため、基本的にはコンビニや酒屋でお酒を買って外で飲むことが多くなります。必然的に缶のお酒です(最近はビンも増えてきましたけど)。しかしまだ3月の後半ぐらいだと、昼間はあったかくて良いのですが、夜はなんだかんだ寒い。
そうなると困るのが2点。
  • 昼間はあったかい。缶は熱の伝導率が高いのですぐにぬるくなってしまう。
  • 夜は寒い。冷たい缶を持っていると手も冷たくなってしんどい。
夏だったらぬるくなるまでに全部飲みきり続ければ無問題なのですが、夜とか夕方になって冷えてくると辛いんですよね。どうにか外でもっと飲めないかなー、と思っていろいろ探していて見つけたのがこちら。保冷缶ホルダー!
 
 
やってることはスタバであったかいの頼むと巻いてくれるやつと同じです。ホルダー部分が魔法瓶のように真空構造になっています。熱伝導しにくいもので囲ってあげることで、手の温度は缶に、缶の温度は手に伝わってこない。何色かあったのですが迷わずビールジョッキっぽい配色のものをチョイス。
 

泡(白い部分)はゴム、黄色は金属に厚めの塗装をしてある感じ。もっとポップな色もあるよ

 

中は金属そのままです

 
 
思った以上に構造は単純。缶は内径ギリギリまでぴったり入るサイズでグラつきはありませんでした。早速これを持って外に出かけます。
 

よい天気

 
行ったのはお台場のゆりかもめ青海駅近くの公園。人が多くなく穴場スポットです。
 

プレモル缶をセット




 

 
 
最高のパークライフ。
 
なんていい環境なんでしょうか。ビールは昼間に外で飲むのが一番美味しいですね。。パッと見でお酒を飲んでるように見えないのもポイント。皆さんもこれからビールのオンシーズンを楽しんでいきましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
The following two tabs change content below.

ぬのむー

年間ライブ/イベント参加数は200本。ロックからアイドル、ビジュアル系まで何でもござれ。JAPAN MENSA会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA