ビール好きによるビールが好きな人のための情報サイト

【検証】城崎温泉で作る『かにビール』は本当にカニ料理とペアリングするのか試してみた(前編)

どうもこんにちは。冬から春にかけて、まだ寒さが残るこの季節に、温かい料理は欠かせないですよね。鍋料理は私たちの体をホットたためてくれるとても素敵な料理ですよね。そして、やっぱり料理に合わせてビールも美味しく飲みたいなと思った時にこんなものを見つけました。

それは、城崎地ビール。城崎温泉周辺で製造と販売がされているという、クラフトビールでなかでも注目したいのは、”かにビール”。なんでも、カニ料理とのペアリングを想定して作られたというカニ料理のためのクラフトビールなのです。

そこで今回は「かにビールは本当にカニ料理に合わせたい飲み物なのか」を実際にビールを取り寄せてかにしゃぶを食べながら、検証してみました。

 

今回のターゲット「かにビール」についてお勉強しよう

今回検証する「かにビール」は、先述の通り、城崎温泉で作られているクラフトビールです。松葉ガニの産地でもある城崎温泉の立地を生かし、かに料理にあうビールを作りたいという思いからなんども試作が重ねられた商品とのこと。アルコール度数が6%と通常のビールよりも高いため、冬に体を温めるという意味でもおすすめな一杯です。

 

ちなみにこちらのビール、城崎温泉ではもちろんのこと、各種ECサイトで購入することが可能なので興味のある方はぜひお試しを!

 

市販ビールVSかにビール -カニとビールたちが作る、恋の多角形-

さて、いざ検証です。今回ビール一緒にたべるのは、こちらの蟹の皆さんです。これをこの後しゃぶしゃぶして美味しくいただくわけですが、どのビールがこの蟹の皆さんを美味しくしていただけるのか、今から楽しみです。

そして、こちらが今回エントリーの皆さん。左から、「アサヒスーパードライ」、「サッポロビール黒ラベル」、「かにビール」、「キリン一番搾り」、「サントリーザ・プレミアムモルツ」の5種類です。

実際に、コップに注いでみると色の違いはこんな感じ。やはり、「カニビール」はスタウトだけあって、一種類だけ色が異なります。




 

ペアリングの妙技炸裂!苦みが甘みに変わる⁉︎

さて、実食です。まずは、それぞれビールだけを飲んでみます。「かにビール」のお味はというと、色合いはスタウトのような色味ですが、口に含んだ感じは最初はスタウトのような深みのある苦味を感じますが、全体的にはあっさりとした印象。後味はかなりすっきりしています。見た目とは反して、爽やかで少しフルーティーな要素も含んだ優しい味わいが楽しめます。ビール好きの中にも、スタウトのような苦みのあるビールが苦手という人がいますが、そんな方でも苦味を気にせず楽しめる味わいです。後味もスタウトもすっきりとした印象。これは、料理とのバランスを綺麗に保ってくれる優良ビールの予感です!

続いて蟹を頬張り、「かにビール」を口に流し込みペアリングの検証です。パクッと、カニをひとかぶりした後に、ごくっとビールを流し込みます。口に含んだ瞬間の最初の感想は、「甘い!、スタウトなのに甘い!」でした。さきほどビールだけで飲んだ時にはすっきりとした爽やかな苦みが感じられるという印象でしたが、カニと一緒に飲むことで蟹の風味と交わり、苦みが甘みへと進化していきます。これは驚きでした。

この現象は、他の市販ビールでできるかどうかを次に検証してみましたが、市販のビールは全体的に喉越しが強い印象あって、苦みから甘みへの進化現象は見られませんでした。ただ個人的には、「サッポロビール・黒ラベル」が若干「かにビール」と近い印象を持っており、カニの風味を邪魔することなく、バランス力に優れているように感じました。

※感想には個人差がございます。ぜひ、自分の舌で本物を味わってみてください

 

カニの前は、“喉越し”ではなく、“苦味”を選んだ

今回検証に参加していただいた方にどれが一番マッチしていたかを選んでもらいました。

その結果がこちら!

「喉越しよりも苦み」、「味の変化が楽しめて面白かった」といった声もいただき、かにビールを推す声が圧倒的でした。カニは、市販のビールよりもスタウトが合うだろうという結果になりました。

※感想・及びビールの好みには個人差がございます。ぜひ、自分の舌で本物を味わってみてください

ちなみにこちらの「かにビール」。カニ料理はもちろんですが、魚料理や鍋料理にも合わせやすい飲み口と後味なので、蟹を食べる時以外にもぜひトライして見てはいかがでしょうか? 都内からだと、ネット注文が可能なので是非お試しください。

さて、これだけではスタウトなら、「かにビール」でなくともいいのではないか?という疑問が浮かび上がってきたので、スタウトビールVS「かにビール」の検証も行いました笑

それはまた次回検証報告させていただきます。




The following two tabs change content below.

YAMADA

普段は、WEBメディアの編集者をしています。ビールと同じくらいハンバーグが好きですが、最近はナポリタンとポテトサラダに浮気中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA