ビール好きによるビールが好きな人のための情報サイト

【ママのいいわけ】「ママはビール飲んじゃダメ?」ノンアルコールビールでおうち晩酌のすすめ

こんにちは。東京ビールクラブのママライター、マツエです。

今日は年度末のプレミアムフライデーということですが、新生児との生活には曜日も朝も夜も正直あまり関係がなく、ただひたすらお世話に追われています。

「記憶が曖昧になってからが夜の始まり」「酔えない酒は酒じゃない」なんて言っていた呑んだくれ女子も、ふと気づけば2児の母。

 

マタニティ期から産後まで、お腹の子供に良くないだとか母乳に影響が出るだとかで、ママには一般的に2年ほどの禁酒期間が設けられます。それでも、疲れた時、めでたい時、あまりにも天気がいい時、どうしてもビールが飲みたくなります。

「2年くらい我慢すればいいじゃん」いや、そりゃそうなんですが、飲みたいんです。なんとか言い訳してでも飲みたいんです。そんなママの救世主がノンアルコールビール。かなりヘビーにお世話になっています。

「ビール」じゃないって?いいんです、ほぼほぼビールです。

子育てって思いとおりにならないことが多くて(というかほとんど思い通りにならない)、昔であれば毎日がっつり晩酌をしながらほろよいで愚痴りたいようなメンタリティなのですが、いかんせんただいま産後2ヶ月、禁酒期間の真っ只中。

やんちゃ盛りの2歳児と、1時間半ごとに授乳を求めてくる0歳2ヶ月との暮らしの中で、日中は自分の時間がほぼほぼとれません。

腱鞘炎や腰痛を発症しつつも、腕の筋肉はたくましくなっていきます。

自分の時間が欲しい!

毎晩1時間以上に及ぶ2児の寝かしつけを終え、自分も寝落ちすることなく無事に生還した時にのみ自分の時間が訪れます。

夕食時にちびさんが荒らしたダイニングテーブルの上を拭き、シンクに溜まった洗い物をやっつけ、家中に散乱したおもちゃや絵本を片付け、洗濯物を畳んで、明日の食事の下ごしらえを終えて、ここまでくれば晩酌チャンス。




おもちゃってなんでこんなにすぐ散らかるのだろうか…

冷蔵庫の常備菜やおつまみを並べてビール缶をプシュッと開けた瞬間から、めくるめく晩酌タイムが始まります。

満を持しての晩酌タイムは、それはそれは気持ちのいいものです。出産以来、小洒落たバーに繰り出す機会はほとんどなくなったけれど、自宅で一人飲むビールはドタバタな毎日の疲れを癒してくれます。

24時間365日、休みのないママ業。

私は2年半前にママになってから、ママをやめたことはありません。というか一旦ママになったら、「今日はママやめる」ってことは基本的にできません。土日祝日もプレミアムフライデーも関係なし。自分の体調だったり都合が悪くても、「ママ〜」と呼びかけてくる声には応えなくてはいけません。我が子のママは、自分しかいないのです。

なんて、特別立派なことは何もしていないけれど、休みのないママ業に励むママさんには息抜きも必要なんです

乳飲み子を抱えて居酒屋でストレス発散、は周りの目が気になったり環境的にも難しいかもしれない。でもノンアルコールビールでおうち晩酌なら、罪悪感を感じる必要もない。授乳もできるし子どもの夜泣きにも対応可能。突如起き出してきた子どもに「何してるのー?」と言われたら「苦いジュース飲んでるのー」で問題なし。

ノンアルコールで晩酌気分が味わえるの?って疑問、私もかつては持ってました。でもね、自分の考え方次第、あるいは思い込みで、十分楽しめるようになりました。

ママだって飲みたい!愚痴りたい!言い訳したい!

幸せだけど、楽しいけれど、でもやっぱり時々疲れちゃう子育て生活。育児本や評論家の「そりゃそうだけど」な正論に疲れて、頭ではわかっていても体が追いつかなくなってくることも。

そんなときにはおうち晩酌が断然お勧め。明日の朝からまたご機嫌なママに戻れるように、気分だけ酔っ払ってみては?

毎日頑張るママの言い訳、ノンアルコールビール飲みながら語っちゃう連載始めます。

The following two tabs change content below.

マツエ

東京大学農学部で発酵醸造を研究、元リケジョのワーキングマザー。日本酒唎酒師。 やんちゃな2歳と、癒し系0歳男子の子育てに日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA