The following two tabs change content below.

マツエ

東京大学農学部で発酵醸造を研究、元リケジョのワーキングマザー。日本酒唎酒師。 やんちゃな2歳と、癒し系0歳男子の子育てに日々奮闘中。



こんにちは。ママライターのマツエです。

※本来、ビール大好き女子なんですけどね。

こちらのサイトで書かせていただいている不定期連載「ママのいいわけ」、言い訳もできないほどサボっておりましたが、その間ざっくりいうとゴロゴロしていました。

長男くん(2歳)がやっと園に慣れてきたと思ったらお熱が出たり(別名=保育園児の洗礼)、次男くん(5ヶ月)も乳児向けの予防接種をやっと開始できたと思ったら副反応で高熱が出たり。

子どもがぐったりしている姿は、見るだけでツライものです

そんな時、親が思うのが「自分が変わってやりたい…」ということ。我が子が熱を出して苦しんでいる様子というのは、かなり心を刺してきます。ところが、乳幼児に多いゲリゲリゲロゲロな症状というのは非常に感染しやすくて。子どもが元気になった後にはママがトイレにこもりきりになってしまうというパターン、ものすごく多いんです。御多分に洩れず、私もきっちりダウンしました。

世のママさん、子どものことがメインになって自分のことはおざなりになってしまいがちですが、まずは自分の健康から。消毒にはクレベリン!お体に気をつけてくださいませ。

と色々書きましたが、要は言い訳です。言い訳できるくらい元気になったことに感謝ですね。

最近の長男くん。

具合が悪くて園を休んでいた期間、長男くんは次男くんに興味津々。ちょっかいを出したくてたまらなかったようで。毎日毎日「キョーちゃん(次男くん)と寝たい〜」と近づいては、熱烈なハグをかましていました。最初は微笑ましいのですが、ベローっとチューしてみたり勢い余って頭突きしたり、いつのまにかレスリング状態になってたり。「やめなよ」と言っても止まらないこの”かわいがり”。勢いで次男くんが泣いてしまうことが多々あり、、その度にママ、怒ってしまいます。

鬼ハハ登場

怒った後は言い訳タイム

長男くんを叱った後、ママは決まって言い訳タイム。小さな子どもに怒るって結構ストレスで。じゃあ怒るなよ、は100も承知なのですが…なかなかコントロールが難しく。時には「言いすぎちゃったかな?」と罪悪感が心に重く残ることも多くて。そんな時、ノンアルビールとつまみを前に、「あれは仕方なかった」「叱るべきところだった」と自分への言い訳を一生懸命考えるわけです。
ところが、このパターン。なかなか言い訳ができない。考えれば考えるほど、長男くんを叱ったことが可哀想でならなくなってきます。罪悪感マシマシ。




思い返す、弟妹が生まれた時のこと。

弟妹が生まれる時、ママは入院を余儀なくされます。それで1週間くらいすると、赤ちゃんを連れて退院してくる、というわけなのですが…
この状況、上の子からするとかなり辛いものということで。

例えるならば、
「夫が突然家を空けた。さみしい思いをしながら待っていると、1週間後に他の女性を連れて帰ってきた。挙げ句の果てに、「この人も僕の大切な人だから。これから仲良くしてやってな。」と言われ、共同生活を始めさせられる」
てな感じとのこと。
っておい、浮気しておいてしかもその相手と仲良くしろですと!?

これ、普通の神経だったら耐えられないようなシチュエーション。

完全に許せない状況ですよ

夫の浮気相手とご対面、状態…

こんなおぞましい状況を乗り越え、弟の存在を理解し認めてくれた長男くん。よくぞ頑張ってくれた!その努力をママはもっと認めなきゃいけないね。日々子どもを叱っては言い訳、を繰り返している鬼ママですが、今回ばかりは言い訳もできないような…

得意の言い訳もできない…

結論。

ママは反省いたします。ノンアルビールの力を借りて自分を見つめ直しましたが、今回はママがいけないよね。
子育てやら雑務に追われて日々バタバタ過ごしているとなかなか自分を見つめ直すことも忘れてしまうけれど、晩酌タイムのおかげで気付くことができました。ノンアルビールの晩酌は、酔っ払わない分かえって冷静になれちゃうという効能にも気づきました。

大人になると素直に謝ることが難しくなっていくけれど、君のように目を見て謝ることができるように。ママも頑張ります。

 

【「ママのいいわけ」 ひっそり連載中】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA