写真家 飯本貴子のよいどれ日和 〜新宿のだうみ篇〜

The following two tabs change content below.
takoimo
飯本貴子 写真家。女の子の素を切りとったポートレート作品を主に、ファッション、広告、ムービースチール、フライヤーなどのガールズフォトを中心に活動中。女の子とお酒が大好きです。美味しい情報をいち早くキャッチできるよう、アンテナ磨きに励む日々です。



こんにちは。
写真家の飯本貴子です。

女の子とお酒を写真に撮って、ひとつぶで2度美味しい!
…という、この連載「よいどれ日和」。

第4回のゲストは、夏だ!酒だ!うみだ!…と言う訳で、
闇ポップシンガーソングライター・しずくだうみさん。(通称:だうみさん)
ところで「闇ポップ」って、気になりませんか?


彼女の曲は、一人で聴くと沁みるのです。こちらから是非聴いてみてください。
https://youtu.be/-hLXf6djiOU

彼女のアー写やジャケ写を撮らせてもらう中で、食の趣向が似ていたり、ボロ市に遊びに行ったりし、自然と仲良くなった彼女。
それからは、暇さえあれば飲み歩く仲に。

ただ、何度杯を重ねても、ミステリアスな彼女の「素」の表情にはなかなか近づけていません!涙
なので今回こそは、彼女が愛してやまない居酒屋にて、色んな表情を引き出したいと思います!
それではいってみましょう。

7月某日晴れ18時半@新宿

「用事が終わった〜」と彼女から連絡をもらい、新宿の交差点へ飛んでいきました。

だうみさん、お待たせしました。お疲れ様です!
さあ、飲みに行きましょう。

「今日は大好きな四文屋行けるから、楽しみ!」と、うきうきしている彼女。
ちなみに四文屋は西東京を中心に多数店舗があるのですが、やきとん等の串焼きがメインの大衆居酒屋です。

新宿の交差点をくぐり抜け、「どすこい四文屋」にたどり着きました。
二人で飲みに行く時、1軒目は四文屋というのがお決まりのコース。
それくらい、私も彼女も大好きなお店です。

本日の一杯目はビールから。金宮の梅割りと、どちらにするか悩んでいたご様子。
「今日はいつも頼まないものを選ぶ日にする!」と宣言する彼女。
なんだか、新しい表情に出会える予感…!

「くぅ〜沁みる〜〜〜!」
ビール美味しそうに飲みますねえ。

「ここ、いつもの四文屋よりメニュー多すぎて迷う!」と楽しそうな彼女。
四文屋は、「焼きとん専門」「魚専門」など店舗ごとに決まっているのですが、
どすこい四文屋は肉から魚まで一挙にいただける、欲張りなお店なのです。

まず最初に来たのは明太子です。大根と紅白でおめでたい。
「大根に乗せて食べるのか!からすみみたいだねえ。」

「大根好き〜!これ、シンプルでおいしい。」
明太子と大根のシャクシャク感、確かにあいます。

ビール、進みますね。




いつの間にか飲み切ってる彼女。。。早い。

エビ焼きがきました!

とにかく大きい!
「エビ焼き、一番好き!もう食べてもいい?」
お待たせしました。どうぞ〜

エビ食べてる彼女は幸せそうで、私も笑顔になってしまいます。

お次はレモンサワーに切り替えた彼女。
「さっぱりしていて合うよ〜幸せ!」

エビの味噌も、しっかりと食べちゃう彼女。
「余すところなく、食べる!エビは、頭から尻尾まで美味しいの最高だよね。」

3杯目に選んだのは、すももサワー。
一口飲んで、「これ、想像と違う味がする。」と言う彼女。
私も一口もらったけど、ふんわり甘くて不思議な味でした。

さて、一通り食べ終わって落ち着いたところで、曲の歌詞について聞いてみます。
やっぱり、過去の経験とか参考にしたりしているのかな?
「自分の曲はともかく、夏芽すやり(彼女が楽曲を手掛けるアイドル)の曲は、
過去に嫌なことあったなぁというのを詰め合わせて書いてるんだよね。
曲調は明るめにしているのだけど、歌詞だけ私だから。」
そんな裏話があるとは…!驚きました。
だうみさんの歌詞とのギャップが闇ポップの魅力かもしれません。

曲といえば、私は彼女が夏らしい明るい曲を作ったらどうなるのかが気になって、
夏っぽい曲を作って〜とリクエストしていたのですが、進捗どうでしょうか。

「やばい、すっかり忘れていた!
夏もう始まっているし、今から作るの間に合わないや。笑
夏になるの、イヤイヤ!とかってことでしょ?笑
一瞬で作って発表しなきゃだから、難しいよ〜」
そうですよね。無理言ってごめんね。でもちょっと残念。

楽しく酔っぱらってきたところで、今日はお開きにしましょうか。
「お腹もういっぱいだけど、メニュー見るたびに食べたくなるね〜」と、最後まで楽しそうな彼女。

「こっち寄っていこう〜」
帰りは、余韻を楽しみながら、少しだけ遠回りをし、駅に向かいます。

ふらりとゲーセンに立ち寄る彼女。
「久々にゲーセン来た。やるの得意じゃないけど、見る分には好き!」
なるほど、確かに一発で景品とれないと結構費やしちゃいますもんね…。

ゲーセンを通り抜けて、駅まで戻ってきました。
しずくだうみさん、今日はありがとうございました!
いつもとは違った表情を垣間見れて、今日はとても楽しい1日でした。
また飲もうね。

さて、次はどんな女の子と飲もうかな。

model:しずくだうみ
special thanks:nose reina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

takoimo

飯本貴子 写真家。女の子の素を切りとったポートレート作品を主に、ファッション、広告、ムービースチール、フライヤーなどのガールズフォトを中心に活動中。女の子とお酒が大好きです。美味しい情報をいち早くキャッチできるよう、アンテナ磨きに励む日々です。