【11月末まで】唯一無二⁉︎『GOOSE IPA』とのコラボグルメバーガーが全4店舗で販売!

The following two tabs change content below.

YAMADA

普段は、WEBメディアの編集者をしています。ビールと同じくらいハンバーグが好きですが、最近はナポリタンとポテトサラダに浮気中。



2016年に日本に上陸したアメリカ・シカゴを代表するクラフトビールブランド『GOOSE ISLAND(グースアイランド)』が今年創立30年を迎えることを記念して、『GOOSE ISLAND』を代表するビール「GOOSE IPA」とのペアリングを意識したオリジナルバーガーの販売が決定!

東京・神奈川・大阪の人気ハンバーガー店4店舗にて、それぞれのお店の個性が活きたハンバーガーが開発されました。

今回は、11月1日に恵比寿の『Burger Mania』にて行われたオリジナルハンバーガー発表会にて披露されたオリジナルバーガーを一挙ご紹介!さらには、このオリジナルバーガーの販売期間限定のキャンペーンイベントの発表もありましたのであわせてご紹介します!

『GOOSE ISLAND』についてちょっと解説

『GOOSE ISLAND』はm1988年にシカゴでジョン・ホール氏によって創業されたクラフトビールブランドで、アメリカ国内では前年の87年に創業した『Brooklyn Brewery』や同時期に創業された『Rouge Ales』と並んでアメリカクラフトビール界のパイオニアと言われています。

日本ではまだまだ馴染みの薄いブランドではありますが、実はビールとのフードペアリングを高級レストランに初めて提案したブルワリーとして知られているんです。

GOOSE ISLANDの看板“GOOSE IPA”ってどんなビール?

そんな『GOOSE ISLAND』の看板ビールが「GOOSE IPA」。クラフトビール市場の中でも特に成長著しいIPAですが、この『GOOSE IPA』はなんと世界の品評会でもっとも受賞歴を誇るIPAなのです。

そして、アメリカ国内に限った話では、レストランやバーに最も導入されているIPAなんだとか。日本のビールで表現するなら、アメリカの“アサヒスーパードライ”というような位置付けといっても過言ではないそうです。(GOOSE ISLAND PR談)

飲み口は、ホップの香りと苦味のある後味が感じられるIPAとしての顔はしっかりと持ちつつも、フルーティーで爽やかな一面も時折覗かせるので、数あるIPAの中でも飲みやすさが際立っています。

IPAが好きだという方はもちろんのこと、クラフトビール初心者が入門編として楽しむ一杯としてもオススメしたいです。

「GOOSE IPA」とのペアリングを意識したコラボバーガーを一挙紹介!

今回、『GOOSE ISLAND』創立30周年を記念して、東京・恵比寿『Burger Mania』、両国『shake tree』、横浜『Bar&Restaurant Stoves』、大阪・心斎橋『BURGERS&VEGETABLES DELI』の4店舗でコラボハンバーガーの提供が決定!

「GOOSE IPA」とのペアリングを意識し、各店舗のエッセンスが散りばめられたここだけにしかない個性溢れるハンバーガーが11月末までの期間限定で楽しめます。

ここからは、その4種類のすべてのハンバーガーをご紹介します。どのバーガーも「GOOSE IPA」との相性はもちろんのこと、「こんなハンバーガー、初めてかも⁉︎」と思わせてくれるような一品ばかりでした。

GOOSE IPA キャンディーベーコンチーズバーガー(恵比寿『Burger Mania』)

都内でも注目度の高いグルメバーガー専門店『Burger Mania』恵比寿店からは、当店定番のチーズバーガーを「GOOSE IPA」仕様にアレンジ!

バーガーマニア定番のチーズバーガーにシカゴで流行っているメープルベーコン(キャンディーベーコン)を使った、ベーコンチーズバーガーが開発されました。「GOOSE IPA」をメープルシロップと合わせて煮詰め、自家製のベーコンに漬けて焼き上げたキャンディベーコンからはほんのりと甘味を感じます。




王道のチーズバーガーに特製のベーコンが加わることで、「GOOSE IPA」とのシンクロ率をさらに高めてくれる一品です。今回のメニューの中では、ハンバーガーの王道×ビールの王道的な存在で、ビギナーからマニアまで幅広く愛されるであろうメニューです。

GOOSE burger(両国『shake tree』)

肉厚なパティにブルーチーズソースとはちみつを絡めてゆずで香りづけをした一品。

グースIPAの香りや苦味にも負けないブルーチーズのコクが魅力的です。まさに“「GOOSE IPA」に合わせるためだけに作られた”という表現がぴったり!を使うのとゆずの酸味と香りを合わせたハーモニーが魅力。

ブルーチーズのクセとコク、蜂蜜の甘み、ゆずの酸味や香りと、文字だけ見ると一見バラバラとしていそうな組み合わせですが、IPAと合わせることでうまく口の中で調和されていいきます。ビーフパティのしっかりとした味わいがむしろ、バーガー全体のアクセントになっていて面白いです。

グースチーズバーガー(横浜『stoves』)

「GOOSEIPA」と醤油、たまごで3日間マリネをしたと“IPAチキン”を、バッファローソースで味付けし、カラッと揚げてバンズで包みました。IPAチキンだけでなくビーフパティも加わり、非常にパンチの効いたインパクトのある一品が完成しました。

IPAとの相性が良いとされているチキンをメインに据えた一品は、バッファローソースのしっかりとした味付けと、サルサソースのピリッと辛さが刺激的。しかし、IPAを口に含むことでまろやかな味わいに仕上がり、ハンバーガーを完成形へと誘ってくれます。まさに、これぞ口内調理!といった体験が楽しめます。

柚子胡椒香る和風おろしバーガー(心斎橋『BURGERS&VEGETABLES DELI』)

「大阪から唯一の参戦なので、他にはない面白いものを作りたい」いうオーナーの想いから生まれた一品は、なんとバンズに挟んであるのはお店自慢の黒毛和牛100%のビーフパティと大根おろしのみ!パティには、柚子胡椒とマヨネーズのソースで味付けされ、仕上げにパテの上に獅子唐を刺さっている、なんとも個性的な一品。

他のバーガーに比べてポップな見た目の可愛さに反して、もみじおろしと獅子唐の辛味がしっかりと効いています。そこに柚子胡椒マヨネーズが後からさっぱりさを与えてくれます。

柚子胡椒のさっぱり感とIPAの苦味が口の中でうまく一つになり、ビーフパティの肉々しさを際立たせてくれます。もみじおろしと獅子唐によるしっかりとした辛味があるからこそ、IPAが甘く感じるのは不思議な感覚にも浸れます。

提供期間中限定でスタンプラリー企画を実施!『GOOSE ISLAND』Tシャツを手に入れよう!

 

 

この「GOOSE IPA」とコラボバーガーは、ただ飲んで楽しむだけではありません!なんと販売期間中にスタンプラリーイベントも開催されます!

コラボを実施する全4店舗内で「GOOSE IPA」とコラボメニューを注文すると、『GOOSE ISLAND』オリジナルグッズがゲットできるんです。来店回数によって、もらえるグッズが変わってきますので、ぜひ全商品ゲット目指していろんなお店を巡ってみるのもあり⁉︎

  • 1回来店:オリジナルステッカー(各店舗100名まで)
  • 2回来店:オリジナルキーチェーン(各店舗20名まで)
  • 3回来店:オリジナルTシャツ(各店舗10名まで)

おわりに

アメリカクラフトビールのパイオニアの一つである、『GOOSE ISLAND』の創立30周年を記念したキャンペーンとコラボハンバーガーをご紹介しました。

11月末までの期間限定イベントなので、ぜひともこの機会に「GOOSE IPA」の味わいにもぜひ触れていただきたいです!しっかりとした苦味と、フルーティーな味わいの調和をお楽しみください。そして、「GOOSE IPA」とのペアリングのために誕生したコラボハンバーガーもぜひ一緒に楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA