本場ドイツのOktoberfest(オクトーバーフェスト)に行く方必見!!リアル参戦したレポ。

The following two tabs change content below.
表参道で美容師をやっております。本能をくすぐるような「エロ髪」を提案しております。女性がポジティブにお酒を楽しめる記事を書いていきたいです。



どうも。

ビール大好きのエロ髪美容師、阿形聡美です。<エロ髪美容師の詳細はこちらをご覧ください。>

今年もこの季節がやってきました!

 

世界一のビール祭り、Oktoberfestの季節です!!

 

日本でも近年、各地で開催されているイベントなので、行ったことある方も多いのでは。

ビール祭りOktoberfest(オクトーバーフェスト)の季節になりました!

あたくし阿形聡美は、ビール好きが高じて、2017年にドイツの本場Oktoberfestに参戦してきました!

(ボリュームがありすぎて記事を書くのに一年かかった。泣)

 

本場ドイツのミュンヘンで開催される期間は毎年、10月の第1日曜を最終日とした、2週間だけ!(2018年は9/22〜10/7の16日間)

その短期間に約600万人が集まり、700万リットルものビールが消費されるという、とんでもない規模のお祭りです。

そして会場の広さはなんと東京ドーム9個分!!

オクトーバーフェストに参加するのは地元ミュンヘンの6大ブリュワリー

  • Augustiner Brau(アウグスティーナ)
  • LOWENBRAU(レーベンブロイ)
  • Spaten Brau(シュパーテン)
  • Hacker Pschorr Brau(ハッカープショー)
  • HOFBRAU Munchen(ホフブロイ)
  • Paulaner Brauerei(パウラーナー)

ブリュワリーテントの周りには、ガチの移動式遊園地が…!!

本場のオクトーバーフェストに行くにあたって、事前にネットで調べたのですが、情報が足りず理解できていない部分もあって、アタフタしました。

この記事では今後本場に行く予定の方に少しでも有益な情報をお伝えしていきます!!(2018年参戦の方には間に合わないかも。ごめんなさい!)

行くと決めたら、まず航空チケットとホテルを取ろう!!

どの記事にも似たようなことが書いてありますが、急いでホテルと航空チケットを取ってください!!

冒頭にも説明した通り、オクトーバーフェスト期間は毎年10月の第1日曜日を最終日とした、たったの2週間しかありません。

その2週間にヨーロッパ全域からドイツのミュンヘンに人が集まります。

ホテルの価格は通常時の2倍3倍は当たり前。

あたくしはGW時期にホテルを確保したのと、ミュンヘン中央駅から3駅ほど電車に乗って、駅から10分以上歩くという、少し距離があるホテルにしたので、安く済みました。(2人で3泊73,000円ぐらい)

が、しかし!!!

オクトーバーフェストは尋常ではなく酔っ払うので、多少高くてもせめてフェスに参加するその日だけでも近くに宿を取ることをおススメします!!

ミュンヘン中央駅近くがアクセスいいです。(そこからでも徒歩15分ぐらいで行けます。)

あたくし達は、酔っ払って頭痛いし、夜は寒いしで「さむい、、あたまいたい、、」と延々と呟きながらフラフラになって帰りました。。

Booking.comなら期間内キャンセル無料なので、いくつか部屋を抑えておいて、行き先とか煮詰めていってから部屋を決めるとかもアリですね。

航空チケットはドイツ以外にベルギーに行きたかったので、成田〜ベルギー、ミュンヘン〜羽田で航空券を取りました。

ツアーもありますが、個人旅行の方がオススメ。航空券を取るのはほとんどH.I.Sのお兄さんに相談しながら決めたので、難しくなかったです。

航空チケットとホテルを取ったらしばらくはのんびりしておいて大丈夫です。笑

衣装は着た方が100倍楽しい。

 

会場に来ている人の8割は衣装を着ています。女の子の民族衣装はdirndl(ディアンドル)といって、胸元がガッツリ空くデザインなので、お胸が盛れる下着を着用しておくのがよいかと。

オクトーバーフェスト期間は、町中がお祭りモードです。会場以外でも至る所で衣装を着ています。○ィズニーランドでも○ッキーの耳を付けた方が何倍も楽しいように、衣装は絶対に着用すべきです。

あたくしも現地で買うか、事前にAmazonで買うべきなのか、悩みまくったので、これはかなりリアルな意見が言えますよ、、!!

事前にAmazonで買うのはナシ!!

ハロウィン前のシーズンということもあって、Amazonで調べてもたくさん衣装が出てきます。しかし、現地でめちゃくちゃ売っているので、必ず目移りするでしょうし、現地で衣装を探すことも楽しみの一種なので、オススメしません!!そして、ハロウィン用は絶対ちゃっちいのでヤメるべき!

ミュンヘン中央駅の構内にある衣装売り場。これを見るだけでもワクワクが止まらない!

女の子のdirndl(ディアンドル)は5,000円〜買える。

女の子の衣装は比較的安く買えます。町中にディアンドルのお店があって、H&Mのようなファストファッションっぽい素材のディアンドルならば4,000円ぐらいで買えます。コットン素材で本気っぽいものだと1万円以上。

帰国してからも、ハロウィンでも日本のオクトーバーフェストでも使えるので、買っちゃうのもおススメ。

男の人のLederhose(レダーホーゼ)は高い!!

男性の衣装はレダーホーゼといって、これが本革なので結構高いんです!!サスペンダー付きのパンツで15,000円ぐらいする!そしてすげぇグローブの匂いする。(本革やからね)

シャツはユニクロとか無印良品で生成りの無地かギンガムチェックのシャツを用意しておけばいいんですけど、パンツは悩みどころですね。

生成り色のルーズソックスみたいのも2,000円ぐらいします。靴下屋で似たようなのを買っておいてもいいかも。(笑)

結果、レンタル衣装がオススメ。

女子だけだったら買うのもアリですが、レダーホーゼンが高いということで買うのは断念しました。

調べまくって、レンタル衣装屋さんがあることを発見!!あたくし達は結局レンタルすることにしました。

借りたお店はこちら。

bavarian-outfitters

◼︎アクセス◼︎

Auenstraße 31, 80469 München, ドイツ

◼︎営業時間◼︎

9:00〜18:00

◼︎価格◼︎

  • Lederhosen(レダーホーゼン) 32.90€/1日

※am9:00〜pm12:30までの受付

  • Lederhosen set(レダーホーゼンのセット:ソックス・シャツ付き) 49.90€/1日

※max27時間の貸し出し

  • dirndle(ディアンドル) 42.90€/1日

※ブラウスもセット

全て翌日の12:30までに返却となります。返却も考えて、事前にスケジュールをしっかり組んでおきましょう!

体型を見て、サイズはある程度用意してくれます。色の好みを言うと、裏から何パターンか持ってきてくれます。

▲男性はこんな感じ。このコーデを意識して靴を持参しましょう!(帽子は現地で2000円ぐらいで買えるよ)

女性のdirndleはバレエシューズとかがピッタリ◎タイツやストッキングは履かない!

スカートがスースーして寒いので、パニエやショートパンツを中に履いておくほうがよいです!

女性の衣装は半袖で夜は寒いので、カーディガンとかがあるとよいです。

会場はテレジエンヴィーゼ(Theresienwiese)

【徒歩圏内の駅】

  • Theresienwiese駅  4号線、5号線
  • Goetheplatz駅  3号線、6号線
  • Schwanthalerhöhe駅  4号線、5号線
  • Poccistraße駅  3号線、6号線

テレジエンヴィーゼに似た駅名があって、間違えまくって、衣装着た人がたくさん降りたからこの駅かなって思って降りたら全然関係ない駅だったりして、なかなか会場に着かなかった。泣

期間中はやたらみんな衣装着てるので、「衣装着てる人が歩く方向に向かっていこう」とかいう安易な考えはやめた方がよいです。笑

荷物は最小限に!!

たくさんの人が集まるイベントなので、テロ対策なのか入り口で手荷物検査があります。

大きな荷物は持ち込みNGです。(会場入り口にロッカーはありますが、数が少ないので預けることは考えない方がベター)

日本のオクトーバーフェストとの違い!!テントの制度、ビールの頼み方。

 

金土日の夜に行くつもりの人はテントを予約すべし!!

平日の昼間に行ったときはなんとか席がありましたが、金夜に行ったら席がなかなか空いていませんでした。(外の席は空きがあったのでなんとか飲めたけど。)




金土日に行く予定の方、3人以上の方は席の予約をしておくことをオススメします!

予約はオフィシャルサイトから予約をするか、H.I.Sでもしてもらえるようです^^

そもそもテントを予約するってどうゆうこと?

日本のオクトーバーフェストは、屋台みたいなところでヴァイツェン、ラガー、アルト、ウェルツェン…とたくさんの種類から、好きなビールを買って、席に座るセルフサービススタイル。

しかし、本場のシステムは全然違います!!

飲みたいブリュワリーのテントに入り、空いてる席を探して座ります。

そうすると店員さんが近づいてきて、「何杯飲む??」と聞いてきます。

え、種類とかサイズとか無いの?と思うことなかれ。

ビールの種類は基本的にフェストビア(オクトーバーフェスト用のビール)1ℓ一択です

▲これが1ℓのサイズ感だ!!

▲Paulanerはラガーかヴァイツェン・500mlか1ℓを選べました。

飲み物が届いたらその場で支払います。

値段は忘れてしまったのですが、11€/1杯ぐらいだった気がする。。

オクトーバーフェスト内ではキャッシュのみなので、両替はしっかりしておこう!

(ドイツ自体がカード使えないお店が多いので、両替は多めにしておくほうがよい)

あとはひたすら飲む!!レッツ呑ミュニケーション!!

ビールが届いたらあとはもうひたすら飲むだけ!!

アジア人は珍しいのでめちゃくちゃ話しかけられます。

▲陽気なおじさんにチキンを被せられた

隣にいたオーストリア人の集団と仲良くなりました。Facebookで繋がったり、最高の出会い!

プレッツェルを売りに来るおねぇさんが可愛すぎて写真を撮ってもらいました。

フードももちろん注文可能ですが、食べずにひたすら飲んでる人が多かったです。

ヴァイスヴルスト(白ソーセージ)を注文。これがもうフワッフワでめちゃくちゃ美味しかったです!!マスタードも甘くて美味!!

フォトジェニックの嵐

それぞれのテントで内装が違うので、見るだけでもほんとに楽しいし、フォトジェニックの嵐です。

フェストビールの度数は6.8%ぐらい

気をつけないといけないのは、フェストビールは通常よりも度数が高めです。日本の一般ビールが5%に対してフェストビールは6〜7%ぐらい

そして一杯1ℓなので、御察しの通りベロンベロンになります。あたくしは2.5ℓ飲んでベロンベロンになり…

▲酔っ払いすぎてダーツが全然当たりません。

▲酔っ払いすぎてiPhone無くしちゃいました。テヘペロ。

▲消えたiPhone。

びっくりすることにiPhoneをなくしました。(恐らくトイレに置いてきました。)

忘れ物センターに問い合わせに行ったのですが、iPhoneの忘れ物は非常に多いらしく、転売される恐れもあるため、SIMカードの番号か、IMEI番号がわからないと探してくれません。

正直言って、この記事で一番伝えたいことはこれです!!

本場オクトーバーフェストに参戦する方は、iPhone本体のIMEI番号を必ず控えておいてください!!!

夜はカオス

木曜の昼間、金曜の夜、と2日間行ったのですが、金夜はヤバかった。みんなテーブルに立って踊ってた。

吐きながら歩いてる人担架に運ばれて行く人も、暗がりでイチャイチャするカップルもいて、カオスだった。

金夜は混雑していてテント内では食事ができなさそうだったので、遊園地スペースにある屋台でブラットブルストを購入。

▲これで4.5€ぐらい。二人で一個で十分なボリューム感!!

フードはテントの中だと割高になるので、外で食べておくのも良さそう。

▲夜の遊園地もフォトジェニック。

▲写真を撮っていたら、やたら勝手に入ってくる人達。笑

デンマークから来た方々のようで、何回も乾杯して盛り上がりました。

金夜はテントの中の席が激混みだったので、外の席に座って飲むことに。

前日にベロベロに酔っぱらったので(しかもiPhone無くしてる)慎重に飲みました。金夜は全体がカオスなので余計に緊張感が増します。前日の反省をもとに飲み過ぎを注意したので、危険な目に合わずに楽しく過ごせました!

もうほんとに楽しくて仕方なかった本場のオクトーバーフェスト。iPhoneさえなくさなければ最高なので、来年またリベンジしに行こうと目論んでおります!!

横浜赤レンガのオクトーバーフェストは9/28~10/14まで開催中!!

なかなか本場ドイツまでは行けませんが、9/28(金)〜10/14(日)の期間横浜赤レンガでオクトーバーフェストが開催中!

オフィシャルサイトはこちら!→横浜オクトーバーフェスト

赤レンガは他の会場よりも一番本場に近い感じになっているそうです!初参戦なのであたくしも楽しみ♪^^

是非皆様も横浜赤レンガでプーロスト(乾杯)しましょう!!

 

エロ髪美容師阿形聡美のInstagram

所属するサロンNORA Journey

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA