ビール好きによるビールが好きな人のための情報サイト

和の香るエール”馨和KAGUA”と絶品の豚しゃぶを食べてきました『豚組しゃぶ庵』

忘年会シーズン!ということで忘年会第1段。

男4人でおいしいもの食べようということで豚組にいってきました。

豚組「しゃぶ庵」

豚組

 

豚組はいくつかお店があるのですが、個人的にまだ訪れたことのない豚しゃぶのお店『豚組しゃぶ庵』にいってまいりました。六本木のミッドタウンから新国立美術館にいく途中にあります。

豚組しゃぶ庵

 

 

お店に行く際には下の「こだわりページ」を見て行くと、期待感が高まって良いです。

豚組しゃぶ庵のこだわり

 

お店に到着して、中に入ってみると洋館風の内装。そして、個室がたくさんあります。写真取らなかったことを反省していますが、この雰囲気はとても良いですね。仕事の付き合いの飲み会でも使えますし、友達でごはんにいくのも特別感があったよいです。2人でも4人でも6人でも使いやすい。

和の食卓に映えるビール「馨和KAGUA」

あと、ビール好きとしては「馨和 KAGUA」があるところ。瓶のKAGUAは飲んだことがありますが、生で飲むのは初めてです。「和の食卓に映えるビール」とあるように和食にも合います。

「フレッシュな柚子と酵母由来の華やかな香り。爽やかでドライな仕上がり」のBlancと、「ローストした麦芽とスパイシーな山椒をふんだんに使った、どっしり重厚な味わい」のRougeの2種類。

 

img_2872

 

Blancの味はすっきりさわやか、炭酸が強くなくクリーミーなので女性が好きな味だと思います。

 

img_2871

 

他のビールのメニューはもちろんエビスもハートランドもあります。ビールだけではなく、他のドリンクも豊富にありますので心配なく。

 

img_2873

 

ここからが料理。肉づくしのコースを頼んだのですが、前菜から肉!

 

img_2876

 

次もお肉!旨味がたまらない。

 

img_2877

 

ここで、KAGUAのRougeに変更。少しスパイシーですがこちらもクリーミーなので飲みやすい。

 

img_2879

 

ここですっぽんのしゃぶしゃぶ用の鍋が登場。すっぽんの出汁を凍らせたものが中に入っています。先に出しておいて徐々に溶けるのを待ちます。

 

img_2881

 

ちょっとずつ溶けますよ。

 

img_2885

 

スープができるのを待っている間もどんどんメニューが出てきます。

 

img_2883




 

どんどんお肉が続きます。肉ですが、煮たり、焼いたりのバリエーションがあるので飽きません。

 

img_2887

 

続いてのビールは珍しいヒューガルデンのロゼ。初めて飲みました。珍しいですよね。味は甘いです。完全に女性向きですね。個人的にはごはんには合いませんが、デザートワイン的に飲むのであればアリです。

 

img_2888

img_2889

img_2890

 

ついに豚が登場。美しい。

ここで、豚が登場!!美しいーーーーーー。美しいとしか言えない。

 

img_2897

 

豚も3種類ありまして、この右のマンガリッツァ豚がやばかった。

 

img_2892

 

しゃぶしゃぶが始まるこのタイミングでエビスにスイッチ。

 

img_2901

 

「スッポン出汁の場合には、温度が低いの少し長めに入れてください」とのこと。

 

img_2896 img_2900

 

つけタレも用意されていますが、「最初はネギと塩で食べてください」とのこと。最初はじゃなくて、これが一番おいしい食べ方じゃないだろうか。豚の旨味・甘味が・・・・!

 

img_2899

 

しっかり、豚しゃぶを堪能したら、最後は〆の雑炊。スッポンの出汁と豚の脂身が溶けて、旨味を飲んでるようなものでした。こってり。そして量多い。

 

img_2903

 

男4人でも腹パンパンになりました。

 

img_2905

 

最後はすっきりとアイスで。

 

img_2908

 

豚組のトンカツもいいですが、しゃぶしゃぶも寒くなってきた季節にはいいですね。

「スッポンの出汁は、出汁をとってから凍らせて寝かせないとおいしく食べられないんです」とのことでしたので、スッポン豚しゃぶが食べたい方は、事前に予約してください。

馨和KAGUAが飲みたい方はamazonでも購入することができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA