ビール好きによるビールが好きな人のための情報サイト

【男の夢】「帰りにちょっと一杯」に最適なお店を見つけた話




 

DSC_0238

みなさんこんばんは。NODAMAです。

彼女はまだ見つかっていません。早く誰か紹介してください。好きなタイプはビールをおいしそうに飲む子です。

 

 

 

さて、30歳を迎えてひとつ思うことがあります。

それは「帰り道にちょっと一杯のお店を見つけたい」という夢です。

TOKYO BEER CLUBの読者の皆さんなら行きつけのBARのひとつやふたつお持ちかもしれませんが、ひとりで飲むことに抵抗のあった私はなかなか開拓できずにいたのです。

 

私が一人飲みが苦手な理由はただ一つです。

飲みだけじゃなくてご飯もちゃんと食べたい!

 

だいたい一人飲みできるバーとかっておいしい「おつまみ」はあっても、「晩飯のかわりになるようなsomething」って少ないじゃないですか。

かといって吉野家やすき家で牛丼片手にビール飲むのも味気ないじゃないですか。

酒飲みながらご飯を食べることのできる自分にとっては、「白米」が食べたいんですよ!

「孤独のグルメ」の井之頭五郎は下戸ですが、私は飲みも食べもしたいんですよ!

しかも帰宅時間が25時超えてもやってるようなお店が欲しいんですよ!(もちろん最寄駅周辺で!)

寝る前に炭水化物を摂取すると太るとか知りませんよ!

こちとら終電まで働いてるんですよ!働くこともたまーにあるんですよ!

おなか空いてるんですよ!

食べ盛りのアラサー男子の夢を叶えるお店はいったいどこにあるんですか!?

 

・・・すいません。取り乱しました。

 

 

こんな感じでぶつくさ愚痴を言いながら夜道を歩いていたら、一件の看板が目に飛び込んできました。

 

 DSC_0250

ん・・・???

 

 

 

定食バー????

 

 

 

 

というわけで見つけたのがこちら。

定食BAR「FU-RAIBOW」

 
東京都品川区中延5-6-14

※東急大井町線「荏原町」駅を降りて南へ150mほど歩いたところにあります。

※このポケストップを目印に歩いてください。

Screenshot_2016-08-17-00-52-34

コイキング多めですが、ミニリューとハクリューもたまに出ます

 

 

メニューはこちら(頻繁に変わります)

DSC_0242

 

黒板の文字をよーく見てください。

「定食300」って書いてあるのがわかりますか?

そうなんです。好きなおかずを+300円で定食にすることができるんです!

 

今回注文したのは「卵たっぷりチキン南蛮」の定食セット

 

出てきたのがこれ!DSC_0235

ゴロゴロ感を残した絶品タルタルソース!

 

引きの画はこれ!

DSC_0234

これぞ「THE 定食」!

 

【補足情報】

右上の小鉢の中身は「ごぼうのから揚げ」

手前の小皿は「長芋のわさび漬け」

 

ちなみにこの日の味噌汁はNAMEKO!DSC_0236

ねばとろ!

 

よくビールと味噌汁を同時に飲めるねって言われますが、ビールは水みたいなものですから。

何の問題もありませんよ?

ビールと味噌汁を同時に飲めないって人は、定食セットを頼まなければ十分楽しめます。




 

この日のオススメはこちら。

DSC_0243

ホモローストポークって何だろう・・・と思ってたら「モホ」でしたね。

 

 

さてさて、肝心のDRINK MENUはこちらです。

DSC_0233

_人人人人人人人人人人人人_
> 手書きフォントが可愛い <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

気になるのは「本日の地ビール」ですね。

 

この日は「TOKYO BLUES」の”Golden Ale”が飲めました。

DSC_0232

 

日によっては「TOKYO BLUES」の”Session Ale”も飲めます。
DSC_0200

 

ところでTOKYO BLUESって何?という方は下記ご参照ください。

img_main_sp

東京の魂を揺さぶるビール、誕生。

東京の本当に飲みたかったビールがここにある。
「東京の地で醸す、東京の名を冠した、真の東京クラフトビール」TOKYO BLUES、誕生。
創業1863年(文久3)、東京に酒蔵をかまえた石川酒造。
明治時代にビール造りの歴史をもち、この地の天然水だけを使いビール醸造をしている唯一の
ブルワーである私たちだけが東京クラフトビールを語りうると信じています。
その決意と責任と希望と展望が熱い魂となって結実。
永年かけて蓄積してきた技術のすべてを注ぎ込んで完成させたビールです。
洗練されていながら、飲む人の魂を直撃する印象的な味わい。
ブルースのように人生に寄り添い、高速で走り続ける心を解き放ってくれる。

まさに、東京のために生まれてきたビールです。 この味が東京。この感度が東京。この熱気が東京。

そして、このビールが日本のクラフトビールの歴史すら変えてしまうかもしれない。

http://www.tokyo-blues.jp/

 

なんでもGolden Aleは2016年6月28日に発売になったばかりの新商品で、甘い香りの中にもしっかりとした飲みごたえがあり、とてもおいしゅうございました。

(基本的に貧乏舌なので、味のレビューは期待しないでください)

 

ちなみにFU-RAIBOWには黒ラベルの瓶ビールも置いてあります。DSC_0240

ミニジョッキがついてくるのもいいですね~

 

 

さてさて、まだまだほかにも「若鶏の親子煮(定食)」や、「豚バラ肉のトマトチーズ焼き(定食)」など様々なメニューが楽しめます!

DSC_0201

DSC_0251

 

 

ようやく見つけた飲みも食べもできるナイスなお店。

彼女の手料理が食べられなくなった今、最高の存在ですな!

 

以上。

 

※引き続き彼女募集中です。

※可愛い店員さんのいるお店情報も募集中です。




The following two tabs change content below.

NODAMA

NODAMAです。主に意識の低い普通のビール記事を書いていきます。 彼女募集中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA