ビールに関わる人に語ってもらう企画『Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen』Part4

The following two tabs change content below.

カケヒ マサヒデ

東京ビールクラブ編集長。日本クラフトビール協会認定ビアテイスター/ビアコーディネーター。「生活にビールがある楽しい人生」をおくりたいと思っています。



新しい試みとして、おいしいビールを提供しているビールのオーナー・スタッフの方に記事を書いてもらおうという企画をはじめています。

記事を書いてくれているのは、私の友人がオーナーをしているY.Y.G. Brewery & Beer Kitchenのスタッフの山之内さん。

【過去記事】
ビールに関わる人に語ってもらう企画『Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen』Part1

ビールに関わる人に語ってもらう企画『Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen』Part2

ビールに関わる人に語ってもらう企画『Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen』Part3

今回は第4回です。テーマは「ペアリング」です。

****************************************

 

こんにちは。Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchenの山之内です。今日はビールと料理のペアリングについて、Y.Y.G.の料理をご紹介しながら考えてみたいと思います。

 

みなさん、「ペアリング」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?「肉には赤、魚には白」というように料理によってどのワインを合わせるかといった話は良く聞くと思います。

料理とお酒、どうせ食べて飲むならより美味しくなる組み合わせでいこう!というのがペアリングの考え方です。コーラにはポテトチップス(!?)というのもペアリングと言えましょうか。この考えはもちろんビールにも当てはまります!相性の良い味の組み合わせを例にY.Y.G.の料理とそれに合うビールのペアリングを幾つかご紹介いたします。

《ペアリング1:さっぱり×さっぱり》

ビールと料理、お互いの良さを殺さずに飲むには味の強さのバランスが重要です。コース料理を頼んだ時にまず前菜が出てきますが、多くはさっぱりとした物が多いと思います。ビールも最初は軽い物から始めるのが良いと言われます。サラダやカルパッチョなどさっぱりした料理に重たいバーレーワインやインペリアルスタウトを合わせると、ビールが繊細な料理の味を消してしまい、料理を楽しむことが出来ません。Y.Y.G.の「さっぱり×さっぱり」のペアリングはこれです。

(本日の鮮魚のセビーチェ 季節のヴェネグレット)

「本日の鮮魚のセビーチェ 季節のヴェネグレット」「代々木八幡ブルーベリーウィート」です。

この日のセビーチェはマグロです。新鮮でさっぱりとしたマグロ。柔らかく口に入れるとほろほろと崩れる食感がたまりません!ここに優しい小麦の香り、そしてブルーベリーの程よい酸味が口の中で加わり、魚の美味しさを引き立てます!さっぱりと軽いビールはサラダや漬物なんかにも良く合いますよ。

 

《ペアリング2:濃厚×濃厚》

料理がだんだん味の濃い物になっていくと、ビールもそれに合わせて濃いものをチョイスした方がバランスが取れます。Y.Y.G.の「濃厚×濃厚」のペアリングはこれです。

(チーズプラトー、南新宿バーレーワイン)




「チーズプラトー」「南新宿バーレーワイン」です。チーズプラトーは日替わりのチーズの盛り合わせです。濃厚なカマンベール、ミモレット、クセのあるブルーチーズ・・・。ここでワインでもいいですが・・・、Y.Y.G.でのおすすめはバーレーワインです!

名前にワインとついておりますが、実は濃厚なビールなんです。原材料を通常のビールに比べて多く使用し、アルコール度数と重厚感を高めたとても芳醇なビールです。複雑な香りを放ちながら口の中で溶けるチーズと、濃厚で蜂蜜のような香りのバーレーワインがバランスよく絡み合って、非常に心地良い食感と香りが口いっぱいに広がります。ちなみにバーレーワインはぬるくなっても美味しいですよ。

 

《ペアリング3:塩気のある料理×甘みのあるビール》

スイカに塩をかけると美味しく感じるように、塩気と甘みは良く合います。これはY.Y.G.一押しの一品、「上州骨付きもち豚のグリル」です。

(骨付上州もち豚のグリル、新宿ペールエール)

旨味たっぷりの脂身ともちもちした食感の分厚い骨付き肉。素材の味を生かしてシンプルに塩で味付けしております。美味しすぎて、お酒と合わせるのを忘れるぐらいバクバク食べてしまいそうなのですが、もち豚をもっと美味しく楽しめるペアリングをご紹介します。

Y.Y.G.の定番のビール「新宿ペールエール」です。このビールの特徴は麦の甘みが心地良く感じられることです。もち豚の塩気が新宿ペールエールの甘みを引き立て、ビールがより美味しく感じられます。また、ペールエールの程よい苦味とほのかな柑橘の香りがもち豚の旨味を引出し、口の中に残った脂もさっぱりと洗い流してくれます。

 

《ペアリング4:デザート×ロースト系ビール》

デザートにビール!?という方もいらっしゃると思いますが、デザートに合うビールがあるんです!それはスタウト(ロースト大麦を使った香ばしいビール)です!ケーキを食べるときはコーヒーを飲みたくなりますよね?甘いものとロースト感(焦げた味と香り)のあるドリンクの相性はとても良いんです。

今回のデザートは「ホームメイドクッキーのアイスクリームボール」。それに合わせるビールは「裏原宿チョコレートスタウト」です。

(ホームメイドクッキーのアイスクリームボール、裏原宿チョコレートスタウト)

ロースト香とカカオの良い香りがするチョコレートスタウト。甘くはないのでデザートに合わせても重たくならず、コーヒーのようなロースト感がデザートの甘さを引き立ててくれます。もっとビールを飲みたいけど、デザートも食べたい!そんな方にはぴったりのペアリングかもしれません。

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介したペアリングは断片的なもので、まだまだ色々なペアリングがあります!意外な料理とビール組み合わせが思わぬ発見に繋がるかもしれません。皆さんもビール、お料理を召し上がる際、せっかくならペアリングも楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA