4月からビールが変わる!?実はあった私たちへの影響

The following two tabs change content below.

ぬのむー

JAPAN MENSA会員。アニメとかガンダムとかアイドルの人。近作:「ガンダムは何から観るべきか」問題の結論



今年2018年の4月から「ビール」が変わることを知っていますか?
 
と言っても変わるのはビールの定義。酒税法で規定されているビールと発泡酒の定義が2018年4月1日より変更、今までよりビールと名乗れるお酒が増えることになります。
ビールの原料は麦芽。これにホップや麦が加わります。私も先日、実際にビールを作ってみたのですが、この原料の配分で大きく味が変わり、また種類も非常に多くて原料のレシピは見るだけでも美しいものでした。
 

ワクワクしてしまうやつです

 

クラフトビールはビールではなかった!?

まずはビールの定義がどのように変わるか、見てみましょう。
  原料の麦芽比率 副原料の制限
今の定義 67%(2/3)以上 米、麦、とうもろこしのみ
新しい定義 50%以上 果実や香辛料が使用可

ビールと名乗るための麦芽比率が下がり、原料のバリエーションが増えるためビールの自由度が上がります。今の定義では麦芽比率が高くても使用できない副原料を入れてしまえばビールと名乗れませんでした。




 お気づきの方もいると思いますが、ラベルに書かれている分類が発泡酒からビールになるものがあるというだけです。味には影響しません。「ビールになると税率が上がるのでは?」と思われるかもしれませんが、元々麦芽比率50%以上は発泡酒もビールも税率は一緒。今回の定義拡大では税率が変わるビール・発泡酒はないのです。むしろ、麦芽比率50%以上67%未満の場合は、発泡酒と表記せねばならない上にビールと同じ税率が課せられていたことになります。クラフトビールとして飲まれているものの中にも、こちらに該当してしまっているものがあります。
 

味が変わらないなら私たちには関係ない?

今回の定義変更で大きな影響を受けるのはもちろんメーカー側です。しかしながら安心してはいけません。見落とされがちですが、私たちにも間接的には影響があるのです。
 

①大手メーカー影響

わかりやすいのが大手ビールメーカーからの間接影響です。発泡酒はビールの廉価版という印象が強く、もし味と値段が一緒のビールと発泡酒があればビールの方が多く売れるでしょう。そのため今までビールと言えなかったクラフトビールや変わった原料を使ったビールが売り場に増えていく可能性が高いです。ただでさえビール離れと言われている今、メーカーもこのニュースを利用したいはず。実際、アサヒビールは副原料にレモングラスを入れたアルコール7%のビール「グランマイルド」を4月に発売。キリンビールも「クラフトビールブランドからユニークな原料を使用した商品」を4月に向けて準備していると発表しています。
  

②新規参入影響

普段からクラフトビールに慣れ親しんでいて、いろんなブルワリーのビールのが楽しみ!な方にはもっと大きな影響があります。ビールや発泡酒を製造するには免許が必要ですが、その条件に大きな違いがあります。
  製造量 見込み販売量
ビール 年間60キロリットル以上 年間50キロリットル以上
発泡酒 年間6キロリットル以上 条件なし

作るものが発泡酒なら年間6キロリットル製造で良かったものが、ビールに該当すると10倍製造しないといけません。大瓶サイズでも10万本。新規参入者にとって、この製造と貯蔵、加えて販売ルートが初期投資段階で必要となってしまいます。これはとても大きなハードルです(既に免許取得しているところは措置が取られるようですが…) 

この定義変更の結果、ビールとしての味のバリエーションは増えるものの、新規参入しづらくなりブルワリー自体は増えづらくなるでしょう。根本的な解決はなく、条件緩和を待つか市場拡大によって大きな投資をしやすくするしかありません。
この変化をうまいこと追い風にして、ビール業界全体で盛り上がりましょう!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA