ビール好きによるビールが好きな人のための情報サイト

最もビールが合うバンド「THE CHERRY COKE$」を知っているか




あなたは THE CHERRY COKE$(ザ・チェリーコークス)を知っているでしょうか?
ジャンルはアイリッシュパンク。アップテンポのギター、ベース、ドラムのロックバンドスタイルをベースにホイッスルやアコーディオン、ハープに後は名前があまり知られていない様々な楽器をあつかう。
このバンドが、とてもビールに合うのです。
まずは聴いてみてください。
「KISS IN THE GREEN ~Drunken lovers nite~」

まずタイトルからDrunken lovers nite(night)!
冒頭の歌詞ものっけから「We’re sea dogs in the pub!」始まって2秒で酒のことしか考えていません。
サビの最後も「賑わう夜が更けて/酔いが覚めても傍にいて」と締めくくります。飲んだ朝の気持ちよさと寂しさ、人恋しさをこんなにも表現してくれる歌があったでしょうか。
彼らの音楽は管楽器とアコーディオン達の心地よさがロックな低音によく合います。高音域から低音域まで広い周波数をカバーしているため、特にお酒を飲んで聴いた時の没入感が増すのです。
ボーカルKATUOさんのダンディーな低音ボイスも、お酒を飲み始めた頃に憧れたようなオトナをイメージさせてくれます。
続いて私が1番好きな曲、「DRUNKEN PIRATES ~終わりなき夜の果て~」




今度はタイトルの1語目から酒です。酔っ払いです。
しかしここでの意味は飲むではなく呑む。サビの最後では「我等闇を呑むDrunken Pilates!!」と海賊の孤高な旅路を歌っています。

私が初めてTHE CHERRY COKE$を観たのが2013年のSUMER CAMP 2013@川崎CLUB CITTA’で、衝撃を受けたのがこの曲です。
初めて観た人も問答無用に惹きつける彼らの音楽。たしかビールを5杯ほど空けた状態でしたが、居ても立っても居られず、気づいたらフロアの前の方に飛び込んでいました。

そんな彼らTHE CHERRY COKE$。1月から6ヶ月連続の2マン企画も実施中なのですが、そのタイトルも「BEER MY FRIENDS」!最高だ!
 
 
まだ夏のフェスやライブの日程は出ていませんが、屋外でビールをあおりながら踊りたい。そう思わせてくれるバンドです。
もし機会があれば、ぜひ生で観てください。
その時は必ず生のビールを片手に。
THE CHERRY COKE$ 公式ホームページ
 



The following two tabs change content below.

ぬのむー

年間ライブ/イベント参加数は200本。ロックからアイドル、ビジュアル系まで何でもござれ。JAPAN MENSA会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA