ビール好きによるビールが好きな人のための情報サイト

世界一うまい日本の海の幸を、無料ビールと堪能!東京タワーで開催中「魚フェス」にいってきた。

魚フェス東京タワー



こんにちは。最近あたたかくなってきましたね。外で飲むビールの開放感が好き、そんなお外ビール党にうれしい季節がやってきました。
ちょうど3月18日から4月3日まで、「魚フェス」なるイベントが開催されているとのこと。肉にはビール、魚にはどうかしら?なんて疑問をうっすら持ちつつ、早速東京タワーに行ってきました。魚フェス東京タワー

開催初日は金曜の夜、ということでものすごい混雑を予想していたものの、会場は落ち着いた雰囲気。特設会場にはテーブル&椅子がたくさんあったので、ゆっくり座って食べることができました。

会場は、文字通り東京タワーの真下。
2016-03-18_110609688_0EAC8_iOS平日夜に見る東京タワー、改めてど迫力で、なかなか感慨深いものです。

ここで魚を食べに食べたのですが、
2016-03-18_104547215_716B6_iOSまずは乾杯とともに下関のとらふく刺盛からスタート。

2016-03-18_105129348_561BE_iOS佐賀県産巨大牡蠣を




2016-03-18_105121843_170D9_iOS熟成肉のローストビーフと合わせてみたり。

2016-03-18_111352379_DD638_iOS幻の背子ガニ&ズワイガニを夫婦丼でいただいたり

2016-03-18_111953786_FE376_iOSさらには北海道のうにズワイガニいくら帆立サーモンを五種盛りで一気にほおばっちゃったり。

これでもかとお魚をいただいてきました。

お魚がビールに合うのか?そんな疑問は開始と同時に吹っ飛ぶおいしさで、ほろ酔い気分で美食を満喫してきましたが、ここでビール党にさらにうれしいおしらせ。

現在「魚フェス」では、会場のお料理&魚フェスロゴ写真をinstagramまたはtwitterで投稿するとハーフサイズのドリンクがもらえるうれしいサービスも不定期で実施。もちろんキリン一番搾りも対象!このうれしいサプライズでさらにビールも進む進む。
お花見で飲むビールはいつもよりもさらにおいしくて、さらに気持ちよく酔っぱらうことができちゃうように、東京タワー下で飲むビールもまた、染み入るおいしさでした。

でもお料理の単価は高め(食券1枚700円〜、どんぶりものは1400円〜)、これからの春休みには混雑も予想されるので、事前にこちらの公式HPで目星をつけてから行くのもテかも。

おいしいお魚とすてきな夜景に、ビールが進んじゃう。さらにはもうすぐ芝公園の桜も見頃になりそう。春休みのおでかけに「魚フェス」いかがですか?
2016-03-18_105533071_6D462_iOS




The following two tabs change content below.

マツエ

東京大学農学部で発酵醸造を研究、元リケジョのワーキングマザー。日本酒唎酒師。 ホップの香りに魅せられて、寝かしつけ後の晩酌ビールにハマり中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA