ビール好きによるビールが好きな人のための情報サイト

はんぺんと青菜のとろふわ焼き(みそマヨチーズ)-サボテンレシピ

2015-12-10_134136

♥「ほんの少しのうるおいが欲しい」サボテン女子です

ビール好きつまみ好き、心身ともにうるおい不足の筆者です。

さて、おつまみレシピ紹介係(仮)に任命されました。
Instagramに、日々おつまみ画像を投稿していたわけですよ。「×自炊○つまみ」をひとりでたくさん作って、ひとりで食べることに尽力していた私。

▼参考画像:充電したい。あと、電波ない。

IMG_4544

「まかせろ」と。

ただおつまみレシピを公開するだけじゃつまらないし、小話はさみながら手順紹介していこうかな~。……なんてキャッキャ妄想楽観視していた半月前の私を、張り倒したい

(レシピ)記事を書きはじめた私は大変なことに気がついたわけです。

写真がない。

そう、「調理過程」の写真がないんですよ。考えてもみてください(?)かんたんなつまみをザーッと作って、ひとり飲みのさみしさを紛らわすためインスタ用の画像を撮影し、投稿するための加工を施しながら(ひとりだから行儀とか気にしない)ビールをぐいーっと……くぅーっ! あぁあ゛~(ひとりだから行儀とか(ry)

と、いうわけで調理過程の画像を休日の昼間に撮影することに(もうやめたい)。

♥ようやくレシピだよ

①はんぺん(97円)を切る。
(こりゃ小洒落たまな板買ってこなきゃマズいな……。)
2015-12-10_001619
②ホウレンソウ(98円)を切る。ひと束。
③はんぺんとホウレンソウ(小松菜でも可)を耐熱容器(108円)に入れる。
2015-12-10_001647
あ……入らなかっ……これはおひたしにしましょう。
④ラップしてレンチンする。(あたためボタン押してるから何分かは不明。適当)
⑤その間にソース作り。

いやあこの記事書くにあたって分量やら時間やら考えてみたんですが、目分量過ぎてまったくわからない。でもレシピに分量の類って不可欠じゃないですか。
↓↓↓苦肉の策がこちら↓↓↓
2015-12-10_001724
このくらい。




2015-12-10_001743
大さじスプーンのダサさが一周回ってかわいい。(あと、ちいさいソースボウルとか所持してないごめんね)おうち生活を充実させたいステキ女子は北欧、暮らしの道具店とかで買ってね。

つまみ生活を充実させたいサボテン女子は、こういうのでささっと作ってスチャチャッと洗える小鉢で作るのがオススメだよ。

・味噌・マヨ・豆乳(なかったら正直水でいい)・黒コショウ

⑥ソースかけて軽くあえて、とろけるチーズかけて、再度レンチン。
2015-12-10_003410

その間に小鉢を洗う。飲んだ後にマヨついた調理器具洗うかと思うとゾッとする。汚れが新鮮(?)なうちに洗う派です。

⑦パン粉のせてさかな焼きグリルに投入。べつにトースターでもオーブンでもいいんだけど、あれ温まるの時間かかり過ぎる。焼き色が欲しいだけの時はグリルで。

2015-12-10_003434

というわけで、完成。(雑なまとめ)

2015-12-10_001841

▲定番の箸上げ画像

本当はもっとソースでひたひたになるくらいが家飲みにはちょうどいいんだけど、今回ばかりは見た目を気にしました。好みで調整してください。小松菜のほうがジューシーになるので注意。あと、あればコーン入れるとおいしいです。

♥ビールとつまみでうるおいを取り戻したら

加工してみましょう(本番)

するとこうなる。
2015-12-10_134136

▲これは小松菜でつくった。上に白ゴマ乗ってる。

2015-12-10_134156

▲おしゃれに加工してるけど、よく見ると右側ソースだばぁしてる

……。

結論:アプリってすごい

 

■第1回からよぎる更新不安

結構な大変だなこれ(真顔)
そもそもサボテン女子ってなんだよって話ですよね。
いいのかなこの増田感。

 

<次回予告>写真を取るのが面倒なので、飲みながら過去のつまみを解説する

The following two tabs change content below.

さいまり

COO’Chief Otsumami Officer’TokyoBeerClub
さいまりです。ビールが好きすぎるモデルです。記憶のかけらをいろいろな場所に置いてきているので、そろそろ地図を作ろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA